オーバーダイ/パッチワークラグ

使い古したヴィンテージの手織りラグを、後染め加工したリサイクルラグ。アンティークな雰囲気が漂います。

パッチワークラグ東京に在庫します

ひそかなブーム?? 
というより、かなり急速にマーケットが広がっている”リサイクル・パッチワークラグ”
リサイクル・パッチワークラグ
ガラタバザールでは、これまで卸売り先のお客様を中心に、トルコへのオーダーの受注生産でお受けしていた商品ですが、「実物を見てみたい!」とのお声を多くいただいていましたので、何枚かを東京に在庫品とすることにしました。
★リサイクル・パッチワークラグとは?
手織りじゅうたんのパイル(毛足)が擦り切れて、ボロボロになってしまったなどが使われます。
いくら「手織り」じゅうたんが強くても、永く使われていくうちには、見栄えが悪くなってしまうこともあるのは確かです。これまでなら、丁寧にパイルを差し替えるなど修理をして、再び販売されたりしてきました。
近年は、修理の人件費が高くなる一方で、使われなくなる絨毯は増えるばかり。
でも、手間隙かけて織られた絨毯を捨ててしまうには、忍びない…
そこで、なんとか再利用する方法を探して、考案されたのが、パッチワークラグなのです。
最初に古くなった絨毯を、クリーニングも兼ねて漂白。その後に、シミなどを消すために様々なカラーに染められます。
そして、30?50cm程度のパネルにカットして、手作業ではぎ合わせます。
最後に裏に布を張って出来上がり。
イエローのパッチワークラグ
4年ほど前に見本市で最初に見たときは、あまりに斬新な色だったので、いったいどんなスペースに敷くの?と思ったものですが、感性の高いヨーロッパのバイヤー達は、この新しいアート作品を見逃すはずがありません!
瞬く間にマーケットが広がって、今や大ブームとも言える勢いなんです。
当店からもこれまで、ブティックやレストランを中心にご注文をいただいていました。
スポットで照らされてカッコいい演出にぴったりです!
リサイクル・パッチワークラグ一覧へ
グリーンのパッチワークラグ</a

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。