キリムについて

遊牧民が織る平織りの敷物「キリム」について、さまざまな側面からご紹介しています。

イラン・ペルシャのキリムの産地

イラン・ペルシャ 地図と地名 (主なイランキリムの産地)

キリムの産地地図

イランのキリムは一般に、部族の名前で呼ばれます。
アナトリアキリムが地名で産地をあらわすのとは違っています。時代の新しいキリムでは、産地名がはっきりしているものもあり、
地名で呼ばれるものもあります。

 

Bakhtiari
(バクティアリ族)
ザクロス山脈一帯に住む。ラクダの背に乗せて使ったキャメルバッグが有名。 【この地域の地名】
Chahar Mahal(チャハルマール)
Afshar
(アフシャール族)
南西部のクゼスタン、北東部のコラサン、ケルマン地方ほか、広い地域にわたっている。ジグザグのパターンのソフレ
(食事用の四角いキリム)が有名。
【この地域の地名】
Sirjan(シルジャン)
Kerman(ケルマン)
Qashqai
(カシュカイ族)
イランのキリムでは、多くのバリエーションを持つ。シンプルな幾何学デザインが多い。 【この地域の地名】
Sirjan(シルジャン)
Kerman(ケルマン)
Kurds
(クルド族)
イラン、トルコ、イラクの広い地域に住む人々。トルコ国境に近い西では細かな花模様のセネ、
アフガンとの国境に近い西ではグチャンのキリムが有名。
【この地域の地名】
Senne(シネ、セネ)
Bijar(ビジャール)
Quchan(グチャン、コチャン)
Shahsavan
(シャーサバン)
北東部、トルコ語に近いアゼリー語を話す人々。コーカサスのキリムと近いデザイン。 【この地域の地名】
Bijar(ビジャール)
Qazvin(カズビン)
Veramin(ベラミン)など
Balouch
(バルーチ族)
地図にはありませんが、イラン東部、アフガニスタン、パキスタンとの国境に住む。細かなスザンニテクニックのキリム。  

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。